引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引っ越しの見積もりを契約後にキャンセルしても大丈夫?

引っ越しの見積もりを契約した後のキャンセルって大丈夫?

 

引っ越しの見積もりをお願いして、
その見積もりにサインをした場合、
いわゆる契約したことになります。

 

 

見積もりに同意をした=契約した、という感じです。
でも、これが後になっていろいろと効いてきます。
一番よくあるのが「この見積もりって高いんじゃ無いか」ってことです。
複数の引越し業者に見積もりをとっていてもそう感じることがありますし、
1社しか見積もりをとっていない場合は、尚更です。

 

 

この時に今の見積もりをキャンセルして、
もう一度別の見積もりをとりたくなることがありますが、
実際、キャンセルは大丈夫なのかどうかです。

 

 

実は、通常、こういった引っ越しの見積もりの場合、
特に特約が決まっていなければ、
引っ越し当日のキャンセルは見積料金の20%+実費、
引っ越し前日のキャンセルは見積料金の10%+実費、
という感じで標準引越運送約款に決められてます。

 

こんな感じ↓

2 前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。
  一 見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の十パーセント以内
  二 見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の二十パーセント以内
3 解約の原因が荷送人の責任による場合には、解約手数料とは別に、当店が既に実施し、又は着手した附帯サービスに要した費用(見積書に明記したものに限る。)を収受します

 

大手引越し業者の場合、ほとんどがこの標準引越運送約款に準じています。
上のキャンセル料については、この約款に書いてあるんです。
だから、これに従っていけば良いだけです。
ただ、引越し業者によっては独自の約款を国交省に提出している場合もあるため、
見積もりの裏面、あるいは一緒に渡される利用規約は十分に読み込む必要があります。

 

 

普段は気にしなくて良いですが、
キャンセルなどをする可能性がある場合は大切です。
ここで、大手引越し業者はどうなのかチェックしてみました。

 

日本通運

単身パックS・L以外の商品の引っ越しは標準引越運送約款と同じ
単身パックS・Lは標準貨物自動車運送約款に準ずる⇒つまりこれ↓

(中止手数料)
第三十七条 当店は、運送の中止の指図に応じた場合には、荷送人又は貨物引換証の所持人が責任を負わない事由によるときを除いて、中止手数料を請求することがあります。ただし、荷送人又は貨物引換証の所持人が、貨物の積込みの行われるべきであった日の前日までに運送の中止をしたときは、この限りではありません。
前項の中止手数料は、次の各号のとおりとします。
積合せ貨物の運送にあっては、一運送契約につき五百円
貸切り貨物の運送にあっては、使用予定車両が普通車である場合は一両につき三千五百円、小型車である場合は、一両につき二千五百円

分かりやすくいえば、当日のキャンセルにはお金が掛かるけど、前日までのキャンセルならその限りじゃ無いよってことです。
※日通の場合は引っ越し日の数日前ならキャンセル料は掛からないっていう理解ですね。
ただし、実費が発生している場合は別です。段ボールなどを使っている場合、あるいは事前準備や見積もりで費用が発生している場合はその分の支払いが求められます。

キャンセル料については、標準引越運送約款に基づき、引越し日の前日キャンセルは運賃の10%以内、当日キャンセルは運賃の20%以内のキャンセル料を収受させていただきます。また、すでに着手したオプショナルサービス(エアコンの取外し取付け・ピアノの輸送等)の料金については全額収受させていただきます。なお、単身パックS・Lは、標準貨物自動車運送約款に基づき、当日キャンセルの場合、500円を収受させていただきます。

 

SGムービング(佐川急便)

標準引越運送約款並びに標準貨物自動車運送約款に準ずる
※基本的に日通さんと同じです。

 

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)

引越らくらくタイムリーサービス 独自約款 ⇒ 第二十一条 解約手数料・延期手数料の請求は無い
ヤマトホームコンビニエンス引越 独自約款 ⇒ 同上
らくらく家財宅急便・単身引越サービス・ヤマト便 独自夜間 ⇒ 日通の標準貨物自動車運送約款に似てます↓

(中止手数料)
第三十七条
当店は、運送の中止の指図に応じた場合には、荷送人又は貨物引換証の所持人が責任を負わない事
由によるときを除いて、中止手数料を請求することがあります。ただし、荷送人又は貨物引換証の所持人
が、貨物の積込みの行われるべきであった日の前日までに運送の中止をしたときは、この限りではありま
せん。
2. 前項の中止手数料は、次の各号のとおりとします。
一 積合せ貨物の運送にあっては、一運送契約につき五百円
二 貸切り貨物の運送にあっては、使用予定車両が普通車である場合は一両につき三千五百円、小
型車である場合は一両につき二千五百円

引越し日前日までのキャンセルなら手数料は掛からないよっていうお話です。但し、付帯サービス(段ボールや事前の作業費用)の費用が発生した場合は全額負担。それ以外は料金は掛かりません

 

アート引越センター(0123)

標準引越運送約款・標準貨物自動車利用運送約款に準ずる
つまり、引越し日当日は20%、前日は10%のキャンセル料っていう上の例に出しているのと同じです。

お見積りは無料で承っており、前日まではキャンセル料金などもかからないのでご安心ください。しかしながら、お引越しご成約後のキャンセルまたは引越日程の延期に関しましては引越約款に基づきキャンセル料または延期手数料が発生いたします。
見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき、見積書に記載した運賃の10%以内。
見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき、見積書に記載した運賃の20%以内。
解約の原因が荷送人の責任による場合には、解約手数料とは別に、当店が既に実施し、又は着手した付帯サービスに要した費用(見積書に明記したものに限る。)を収受します。

 

アーク引越センター

標準引越運送約款に準ずる
※基本的に日通と同じです。

 

アリさんマークの引越社

運送約款をホームページ上で見つけられませんでした。

 

サカイ引越センター

標準引越運送約款に準ずる
※基本的に日通さんと同じようにキャンセルは早ければ料金掛からないけれど、
見積もりをとるときに費用が必要だった場合、あるいは引越しのために費用が発生した場合などは
その分の費用は掛かります。

 

ハート引越センター

標準引越運送約款に準じています。
加えてキャンセル料などについて詳しく記載があります。

◆引越し時の解約手数料・延期手数料に関して
お申込みの解約・延期に関しまして、下記の場合手数料を請求いたします。
引越日前日の解約・延期の場合は 見積書に記載した運賃の10%
引越日当日の解約・延期の場合は 見積書に記載した運賃の20%
解約の場合、それまでに実施した作業、使用された資材等は全額請求いたします。
(サービス資材も含みます。)
ダンボールS300円、M350円、和400円、テープ300円
また、ハート引越センターにてお渡しした資材の引き揚げをご希望の場合、手数料として3,150円申し受けます。

※他の引越し業者より細かいですが、他社であってもキャンセル時には
このような感じで使った分には費用が掛かり、おまけに手数料も発生する可能性があります。
ただ、基本的に「見積もり」に書かれている金額がもとになります。

 

大手であればキャンセルまでに費用が発生していなければ無料という理解でOK

引っ越しの見積もりを契約した後のキャンセルって大丈夫?

 

国内主要引越し業者のキャンセル料金に対する決まり事を整理した結果、
基本的に引越し日、あるいはその前日のキャンセル以外は料金が発生しません。

 

 

ただし、それまでに掛かった費用がある場合は、
見積もりに記載がある範囲で全額負担となります。
安易に段ボールとかを貰うと面倒って話です。
返品するのにもお金が掛かるかも知れないとなれば、
勘弁してくださいって話になります。

 

 

でも、キャンセルは大丈夫です。
心置きなくキャンセルしてください(笑)
ただ、同じキャンセルをするにしても、
もっと楽な仕組みでキャンセルが出来ればさらに助かります。

 

 

実は、まだ見積もりをとっていない、
あるいはこれから見積もりをとる場合に役立つ、
一括見積もりサイトがあります。

 

 

それがこちら↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

ここは今までの一括見積もりサイトとは異なり、
なんと見積もりの依頼もキャンセルも管理画面上で出来るっていう優れものです。
それだけでなく、こちら側の事情をヒアリングしてくれます。
つまり、最初にまず人とやりとりがあるんです。
一括見積もりサイトとしては異色で、
サポートセンターを設置してるんですね。

 

 

申し込みをする時は最小限の連絡先と連絡日時だけを入力するようになっていて、
後はサポートセンターから連絡が来る仕組みになってます。
その後は、質問に答えていくだけです。

 

 

一通り終わったら、今度はサポートセンターが条件に合った引越し業者を選び、
見積もりを依頼してくれます。
これまでと違って人の手が入った一括見積もりサイトになってます。
お陰で素人のこちら側が右往左往をしなくても良いように、
必要な情報を引き出してくれます。

 

 

その結果、出てくる見積もりもほとんどファイナルアンサーに近い状態で出てきてくれます。
キャンセルのしやすさもあり、また、依頼のしやすさもあるという、
珍しいサイトが登場しました。

 

 

また、個人情報も無闇に引越し業者に渡すことが無いので、
安心感も違います。
もう一度見積もりをとりたい、というときには一度チェックされてみると良いかもしれません。
詳細はこちらからチェックしてみてください↓